AKIRA.BLOG 大学生向けのテックメディア

【初心者向け】bitbankで口座開設する手順を解説

仮想通貨

悩み

  • 仮想通貨口座を開設したいけど、どこがおすすめ?
  • 安全に通貨のやり取りがしたい…

本記事の内容

初心者には、手数料が安いbitbankがおすすめです。

手順を追って、解説していきます。

筆者の実績

  • 株式会社AILLIOにて、NFTコンサル&マーケティング担当
  • タクティカートNFTプロジェクト マーケティング担当
  • Web3特化求人メディア Plus Web3事業責任者&執行役員
  • OzonLabsにて、NFTリサーチャーを担当
  • NFTを歴1年

仮想通貨やNFTの取り扱いには、比較的慣れているため、信頼担保につながるかと思います。

それでは行きましょう。

ビットバンクの口座開設方法

ビットバンクの口座開設の流れは以下です。

  1. 会員登録
  2. 基本情報登録
  3. 本人確認書類登録

上記の3段階は、どれもシンプルな流れで難しくありません。順を追って説明しますので、一通りの流れをイメージしてから、実際の操作をしてみてください。

会員登録

まず、ビットバンクTOPページを開き、「口座開設」ボタンをクリックします。

bitbankで口座開設する。

参照:bitbank公式サイト

新規登録のためにメールアドレスを入力します。

参照:bitbank公式サイト

受信トレイに「新規口座開設申込頂きありがとうございます」というメールが届きます。そのメール内のリンクをクリックして、パスワードを設定してください。確認パスワードを入力し、規約への同意にチェックを入れたら「登録」ボタンを押してください。

基本情報の登録

次はビットバンクへの基本情報の入力を行います。

氏名、生年月日、住所などを入力し、「次に進む」をクリックしてください。取引の目的、職業、年収などの基本情報を続けて入力し、取引の経験で当てはまるものを選択します。

画面の指示に従いすべて入力を行うと、以下の画面になります。

参照:bitbank公式サイト

本人確認書類の登録

本人確認書類のアップロードには、「スマホで本人確認」と「郵送で本人確認」の2種類の方法があります。

スマホで本人確認は、「運転免許証」と「マイナンバーカード」の2点の画像をアップロードするだけです。非常にスピーディにビットバンクを利用開始できます。

郵送での本人確認は、以下の中から2種類の書類をアップロードします。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証
  • 国民年金手帳
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書

上記から2点をアップロードすると、後日ビットバンクからのハガキの受け取りと共に口座が開設されます。

ビットバンクの使い方

ビットバンクの口座が開設できたら、まずは入金と出金の方法をマスターしましょう。

入金

まず、ビットバンクのTOPページを開いてください。画面右上の「ログイン」をクリックして、メールアドレスとパスワードでログインをします。

参照:bitbank公式サイト

以下のような画面となったら、画面右上の「入金」ボタンをクリックします。

参照:bitbank公式サイト

日本円の右側にある「入金」をクリックしてください。

参照:bitbank公式サイト

すると、以下のように振込口座の情報が表示されます。

振込口座宛に必要な資金を振り込んでください。

参照:bitbank公式サイト

入金が完了すると、受信トレイにビットバンクからの「入金完了のお知らせ」というメールが届きます。入金画面にも振込した日本円が反映されます。

参照:bitbank公式サイト

出金

次は出金の方法です。ビットバンクのTOPページを開き、ログインしてください。

すでにログイン中の人はビットバンクのトレードページを開き、その後右上の人マークのアイコンをクリックしてください。

参照:bitbank公式サイト

メニューの中に「出金」という選択肢があるので、「出金」をクリックしましょう。

参照:bitbank公式サイト

画面左側の出金が色表示されているかを確認してから、出金したい円もしくは仮想通貨を選んでください。

参照:bitbank公式サイト

たとえばイーサリアムを出金する場合は以下のような流れとなります。

参照:bitbank公式サイト

イーサリアムの引出画面で、出金先のアドレスを追加します。その後、「引出内容を確認」をクリックして、画面の指示に従えば出金完了となります。

参照:bitbank公式サイト